幸福と真実を寿ぐ

 言うまでもなく日本で最も偉大な太陽神 天照大神がモデル。三種の神器「鏡」を頭に掲げ、鮮やかな「松」のモチーフと豊かに実った「稲穂」、そして「薄紅梅」色の着物。アマテラスのカードは「玄武≒亀」が司っているので、鶴と合わせて「鶴亀」……日本ならではの「寿」のしるしが、アマテラスにはちりばめられている。

 陽はついに昇る。どんな暗闇でも、たった一筋の太陽の光が届くと、たちどころに明るくなる。怖れていたものに光が当たり、多くは怖るるに足らぬものであったことが明らかになる。もはや秘密はない。

 日本神話上もっとも名誉ある女神であるが、その運命を受け入れるということはいかなることなのか。出自が高貴であるというだけではなく、高貴さにふさわしい気品と統率力を身につけるとは?その尊厳を裏付けている明るさと力強さ。隔てなく照らすという奉仕。アマテラスは新しい門出に立ったあなたを照らし、稲穂を捧げ、祝賀しているのだ。